カメラ 初心者講座

脱初心者!誰でも簡単に印象的な写真が撮れる構図の決め方!後編

2019-09-19

構図前編では「一番見せたいもの、撮りたいものに的を絞る」、そして「余計なものを消す」ということをお伝えしました。

合わせて読みたい

今回はその的に絞ったものをどう配置したらよいのかということをお伝えしたいと思います!!

どこに配置したのかで写真のイメージや伝えたいことが変わってきます。

見た人に何を伝えたいのかということを意識して被写体を配置してみましょう!

画面構成をする

前回「引き算をする」とお伝えしました。しかしそれだけでは魅力的な写真にはなりません。

画面全体のバランスを考えながら画面の中心に撮るのか、それとも少し右や左に寄せて撮るのかを決める。

これが画面構成の基本になります。

それってセンスがないと撮れないんじゃない?と思われてる方もいるかもしれませんが、誰にでも簡単にできる方法がります!

三分割法で魅力的な写真に

写真に限ったことではないですが、三分割法というものがあります。

三分割法(さんぶんかつほう、rule of thirds)は、絵画写真デザインなどの視覚芸術において、画面の構図を決定する際に用いられる経験則のひとつ。三分の一の法則ともいう。
この法則は、等間隔に引いた水平線と垂直線2本ずつにより画面を9等分(上下・左右方向にそれぞれ3等分)すると仮定し、それらの線上、もしくは線同士の交点上に構図上の重要な要素を配置すると、バランスが取れて安定した構図が得られるというものである。

Wikipedia

と、書いていますがこんなやつです。

三分割法

カメラの場合、設定でライブビューに表示させることができ、上の図のように斜めにも線が入っています。

三分割法を使えばバランスが取れて安定した構図が得られる」

ここが重要です!!

三分割法活用術

さて、この三分割法をどう使うのかというと

  1. 上下左右の線に被写体を合わせる。
  2. 線の交点に被写体を合わせる。
  3. 9分割されたエリアに被写体を合わせる。
  4. 斜め対角線に被写体を合わせる。

実際に三分割法を使って撮った写真を紹介します。

右の縦線と下の横線に合わせて配置するようにフレーミング。
 

三分割法活用術
Canon EOS 5D Mark IV+EF70-200mm F2.8L IS II USM・135mm・1/100秒・F4.0・ISO100

 

右側に人物を寄せることにより何をしているのかがわかるようになりました。

 

三分割法活用術
Canon EOS 5D Mark IV+EF70-200mm F2.8L IS II USM・200mm・1/250秒・F3.5・ISO1000

 

対角線に合わせて奥行を表現。

 

三分割法活用術
Canon EOS 5D Mark II+EF24-70mm F2.8L II USM・24mm・1/80秒・F8.0・ISO100

 

向きを対角に合わして交点に目を配置。

アップにしたことでダイナミックな写真になりました。

 

三分割法活用術
Canon EOS 5D Mark IV+EF70-200mm F2.8L IS II USM・200mm・1/100秒・F3.5・ISO500

どうでしょう?バランスが取れてて安定した構図になっていますよね?

この三分割法をうまく活用すれば誰にでも安定した写真を撮ることができます。

また、絶対に交点に合わせなきゃいけない・線上に被写体をもってこないといけないわけではないのであまり神経質にならずに撮影してみてください!

 

日の丸構図でうまく撮る

次は日の丸構図についてです。

日の丸構図とは画面のど真ん中に被写体を置いて撮る構図です。

こういう感じの構図のことです。

日の丸構図
Canon EOS 5D Mark II+EF70-200mm F2.8L IS II USM・150mm・1/8000秒・F2.8・ISO160

インパクトを与える!

人が写真を見る時はまず真ん中から見ると思います。

なので真ん中にアップでドーンと写してあげるとインパクトある写真が撮れます。

日の丸構図
Canon EOS 7D+TAMRON18-270mm F/3.5-6.3 Di II VC B003E・270mm・1/50秒・F6.3・ISO100
皆既月食を撮影したもの
日の丸構図
Canon EOS 5D Mark II+SIGMA 35mm F1.4 DG HSM | Art・35mm・1/2500秒・F1.4・ISO100

哀愁を漂わせる

先ほどはアップにした構図でしたが、時には引いて少し哀愁が漂った写真にしてみる。

哀愁を漂わせる
Canon EOS 5D Mark IV+EF70-200mm F2.8L IS II USM・200mm・1/160秒・F6.3・ISO100

ポートレートに

手前にある光るリングをぼかす(前ボケ)ことによって人物への視線誘導になり人物が引き立ちます。

ポートレート
Canon EOS 5D Mark IV+EF24-70mm F2.8L II USM・24mm・1/100秒・F2.8・ISO1250

よく日の丸構図は初心者的と言われたりしますが、それはただただ何となく撮ってるからではないでしょうか。

  • メインとなる被写体を決める
  • フレーミングして背景を整える

これだけでグッと印象的な写真に近づくと思います。

斜めに撮ってみる

カメラで撮る基本は「ヨコ」と「タテ」です。

ヨコ位置は左右の広がりを表現しやすく、タテ位置はテーマが絞り込まれて撮影者の意図が明確になり易くなります。

ですがどうでしょう?

斜めに傾けて撮ると普段見ている景色が傾くので非日常的な写真になります。

不安定感も強まりますが、ダイナミックで動きのある一味違った写真にもなります!

斜めに撮ってみる
Canon EOS 5D Mark IV+EF70-200mm F2.8L IS II USM・200mm・1/320秒・F4.0・ISO100
斜めに撮ってみる
Canon EOS 5D Mark IV+EF 24-70mm F2.8L II USM・24mm・1/200秒・F5.6・ISO160

時には大胆にカメラを傾けて撮ってみることもいいと思います!

どの角度で撮ったらいいか分からない方は、まず対角線に撮ってみてそこから自分が良いと思った角度に調整するのが良いかもしれません。

構図の決め方後編まとめ

前編・後編と構図について話してきました。

色々話しましたが構図の基本は三つです。

  • 余計なものが写らないように「引き算」する
  • メインとなる被写体を大きく写して意図を明確にする
  • カメラアングルを変えてみるなどフレーミングして背景を整理する

この三つを意識すれば魅力的な写真が撮れると思います!

これに慣れたら最初は変な感じがするかもしれませんが、カメラを傾けて斜めの撮影にも挑戦してみてください!!

created by Rinker
¥1,320 (2021/12/05 14:37:47時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事

カメラ 初心者講座

2020/2/26

脱初心者!イメージ通り写真が撮れる測距エリアモードとAFモードの設定

測距エリアモードとは オートフォーカスでピントを合わせる場所は、ファインダー内にフォーカスポイントとして表示されます。 フォーカスポイントを選ぶことで、ピントを合わせる場所を変えることができます。 複数のフォーカスポイントの中からどのフォーカスポイントでピントを合わせるかは、撮影者が選ぶこともできますし、カメラの自動選択に任せることもできます。 どのようにフォーカスポイントを選ぶのかを設定するのが、測距エリアモードになります。 ちなみに測距エリアモードはAFエリアモードやフォーカスエリアモードとも呼ばれて ...

続きを読む

カメラ 初心者講座

2020/2/26

脱初心者!誰でも簡単に印象的な写真が撮れる構図の決め方!後編

画面構成をする 前回「引き算をする」とお伝えしました。しかしそれだけでは魅力的な写真にはなりません。 画面全体のバランスを考えながら画面の中心に撮るのか、それとも少し右や左に寄せて撮るのかを決める。 これが画面構成の基本になります。 それってセンスがないと撮れないんじゃない?と思われてる方もいるかもしれませんが、誰にでも簡単にできる方法がります! 三分割法で魅力的な写真に 写真に限ったことではないですが、三分割法というものがあります。 と、書いていますがこんなやつです。 カメラの場合、設定でライブビューに ...

続きを読む

カメラ 初心者講座

2020/2/26

脱初心者!誰でも簡単に印象的な写真が撮れる構図の決め方!前編

フレーミングや構図を決める フレーミングとは撮影する範囲を決めること。 構図はフレーミングした後に、その範囲内の画面を写真的に構成することです。 構図を決めるためには 一番見せたいもの、撮りたいものに的を絞ることが大切です。そのために画面構成をします。 「いいなぁ」と感じて写真をそのまま撮っても、いい写真になるのかと言われればそうではありません。 なぜなら「いいなぁ」と感じた時は眼で見た景色だけではなく、音や匂いなど五感を使った感動だからです。 実際に見ている景色と写真に写っている景色は違うものです。 な ...

続きを読む

カメラ 初心者講座

2020/2/26

脱初心者!写真をイメージ通りの明るさで撮影する露出補正の決め方

露出補正はこう使う 標準露出・プラス補正・マイナス補正 標準露出というのはカメラが決めた標準的な露出値で「露出補正なし」の状態のことです。 ファインダーやライブビューにある露出計のポインタは0を指しています。 カメラのダイヤルを回してこのポインタを右側に動かすと明るくなります。明るく補正する事をプラス補正と言います。 逆に左側に動かすと暗くなります。暗く補正する事をマイナス補正といいます。 適正露出は自分が良いと思った露出です。 なのでライブビューを見ながら確認して、自分のイメージに合った補正をして適正露 ...

続きを読む

カメラ 初心者講座

2020/2/26

脱初心者!思い通りの写真を撮るために撮影モード設定を使いこなす!

カメラの撮影モードとは カメラには撮影モードというのがあります。 どういうものがあるのかというと(Canonの場合) プログラムAE(P) 絞り優先AE(Av) シャッタースピード優先AE(Tv) マニュアル(M) の、4つになります。 最初の方でオートモードからの脱却と書きましたが、実はマニュアル以外はオート設定になります。 「何言ってんだコイツ」となるかもしれませんが、順番に説明していきたいと思います。 初心者向けのモードがある さて、上の4つを解説する前に知ってもらいたいことがあります。 それは初心 ...

続きを読む

-カメラ, 初心者講座
-, ,